スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様ぁ~! 今まで痛みを経験したことがないものは 他人の“本当の痛み”が分からないと言ってね!!







  猫さん達の可愛い日替わり画像【 白黒猫 黒白猫 5匹目 】            



  【 3年前の東日本大震災で被災された皆様には
  
       心よりお見舞い申し上げます 】



  私はアロマセラピスト
   『アロマ・アヴェニュー』は私のお部屋の名前です
   今日から読んで頂ける方の為にも
    少しずつお話を進めていきますね

  私のお部屋では生徒さん達と
   アロマ医療のお勉強をしているんだけど
  認定試験のない時は
   いつも脱線ばかり

  雑談と言っても
   れっきとしたカウンセリングをしているつもりだけど
  アロマ医療ではこのカウンセリングも
   とっても大事なんですよイイワケタラタラ

  今回もアロマについての説明はもう少しお休みして
   本題が途中になってしまっていたから
    続きをお話ししますね

  《エピソードNo.15-14》
  【普段は結構おしゃべりでも
   お相手の前では超寡黙】

 「先生 大変ですぅ
   って言うかぁ
    ここのところ『阪神・淡路大震災』の報道を
     よく見かけるんですけどぉ

  なんか20年前のことみたいで
   わたし達はまだ生まれてなかったんでぇ
    よく知らないんですよぉ
     先生はどうされてたんですかぁ」

  ねぇあなた達
   朝一番からそんな大ウソつきなことを
    しゃあしゃあとお話ししてると
     エンマ様に2枚とも舌を抜かれてしまうわよ

 「先生 いま『2枚とも舌を抜かれて』って
   聞こえた気がするんですけどぉ
    人間の舌って2枚もありましたっけぇ
     そんなこと初めて聞きましたぁ」

  善良な普通の人間は舌は1枚だけよ
   でも『大ウソつき』になると
    もう1枚生えてきて
     2枚になるんだそうよ

  私が見てあげるから
   あなた達のお口を大きく開けてごらんなさい
    きっと2枚生えていると思うわよ
     エンマ様がきっと待ち構えているわよ

 「先生 舌の先が2枚に分かれてたら
   妖怪『ヘビ女』じゃないですかぁ
    こんなものが2枚も生えていたら
     お口の中がいっぱいで
      エイリアンみたいになっちまいますよぉ」

  マスコミの報道では20年前って言ってたでしょ
   じゃああなた達のお耳が悪くなったのか
    自分の歳が分からなくなってしまった
     若年性アルツかも知れないわね

  『阪神・淡路大震災』はちょうど20年前の
   1995年1月17日の何時だったっけ
    確かまだ日の出前だったと思うわよ
     もし違ってたらごめんなさいね

  だって地震直後の映像は暗かったもの
   暗闇の中に大きな火柱が立っていたのを
    何となく覚えているもの

  でねだんだん明るくなってきて
   がれきの山が映し出されたりして
    とんでもないことになってるって
     驚いたんだもの

  あぁいけない
   さすがに細かい数値は忘れてしまったけど
    マグニチュードはちょっと自信がないけど
     確か7.3くらいじゃなかったかしら

  でねそのときの報道で
   北は新潟から福島とか
    南は鹿児島の方まで有感地震があったそうよ
     あなた達だって十分覚えているはずよ

 「先生 ゲッ お言葉ですけどぉ
   舌を抜かれたくないんでホンとのことを言うと
    生まれてはいたんですけどぉ
     とっても覚えてられる歳ではなかったですぅ

  先生はそのときいまみたいに
   ボランティアに駆けつけられたんですかぁ
    その頃からわたし達みたいな
     可愛い『ナース』がいたんですかぁ」

  あのね
   このお話も何度かさせて頂いてるけど
    ボランティアは『3.11大震災』の
     福島のお婆ちゃん達のところが初めてよ

  ただね
   そのときの報道から『被災地』では
    いろいろな形のボランティアが必要なのが
     よく分かったのよ

  実際にボランティアをされてる映像が流れてたし
   私もなにか出来ないかしらって
    色々考えたんだけどね

  周りにはいまみたいにボランティア団体とか
   個人でボランティア活動をされてみえる方が
    見あたらなかったんで
     どうすればいいのか分からなかったのよ

  でもね『3.11大震災』の時は
   私のアロマ『教室』も軌道に乗ってきて
    あなた達のような『ナース』達が
     生徒でいてくれたでしょ

  それに心強かったのは
   旦那様達の『飛行少年?』グループが
    自家用ヘリを使って災害救助の
     ボランティア活動を始めてたのよ

  まぁ 私も偉そうなことはしてなかったけど
   地域のボランティア活動とか
    ほら 獣医さんのところでワンちゃんとか
     ネコちゃんの保護活動もしてたでしょ

  本当のことを言うと
   福島にあなた達を連れて行くのは躊躇したけど
    あのときあなた達が
     自分たちは『ナース』だからこう言うときに
      自分たちが必要なんだって言葉に
       背中を押されたのよ

  『阪神・淡路大震災』からもう20年だって言うけど
    私達が『3.11大震災』以降福島に通い出して
     あと少しで4年にもなるのよ
      本当に時間の経つのは早いわね

 「先生 こんな言い方すると
   いけないかも知れないんですけどぉ
    『阪神・淡路大震災』は立ち直りが
      早かったんですよねぇ

  でも福島のお婆ちゃん達は
   4年近く経ってもなにも変わってませんよぉ
    『原発』さえなければって
      改めて怒れちまいますぅ」

  でもまたその『原発』を
   また動かそうとし始めてるでしょ
    政治家達も家族を『被災地』に住まわせてから
     その議論をすればいいのにね・・・

  神様ぁ~ 今まで痛みを経験したことがないものは
   他人の“本当の痛み”が分からないと言ってね

  お願いねっ    






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

アロマ・アヴェニュー

Author:アロマ・アヴェニュー
アロマセラピストの経験を生かし 強く!明るく!自由に!
生きていけたらなぁ~と、“アロマ・アヴェニュー”の教室の生徒さん達共々願っていますのでよろしくお願いします

最新記事

月別アーカイブ

おすすめリンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。