スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様ぁ~! フランス産ワインは大人の味がするのよ わたし達と同じ魅力にあふれていると言ってね!!







  猫さん達の可愛い日替わり画像【 白黒猫 黒白猫 5匹目 】            



  【 3年前の東日本大震災で被災された皆様には
  
       心よりお見舞い申し上げます 】



  私はアロマセラピスト
   『アロマ・アヴェニュー』は私のお部屋の名前です
   今日から読んで頂ける方の為にも
    少しずつお話を進めていきますね

  私のお部屋では生徒さん達と
   アロマ医療のお勉強をしているんだけど
  認定試験のない時は
   いつも脱線ばかり

  雑談と言っても
   れっきとしたカウンセリングをしているつもりだけど
  アロマ医療ではこのカウンセリングも
   とっても大事なんですよイイワケタラタラ

  今回もアロマについての説明はもう少しお休みして
   本題が途中になってしまっていたから
    続きをお話ししますね

  《エピソードNo.14-359》
  【普段は結構おしゃべりでも
   お相手の前では超寡黙】

 「先生 大変ですぅ
   けさはお寝坊しちまいましたぁ
    いつもはこんなことないんですけどぉ
     きのうは後輩の『ナース』達に
      プチワイン教室をしてたんですよぉ

  そうしたら
   『赤』『白』『ロゼ』のティスティングを
     順番に教えていたら
      メチャメチャいい気分になっちまってぇ
       気がついたら私も後輩『ナース』達も
        転がってましたぁ」

  あなた達みたいな底なし『ウワバミ』でも
   あれだけボトルを空ければ
    ひっくり返ると思うわ
     サラさん達だってあなた達を見て
      呆れてらしたもの

  まぁ 昨日は『クリスマスイブ』だったけど
   曜日の関係で少しお客様も帰られて
    時間はあったと思うけど
     あなた達は丸っと1日飲み続けてたでしょ

  確かにね
   あなた達はともかく後輩の『ナース』さん達は
    まだワインを飲み慣れていない子もいて
     お勉強するにはちょうどよかったけどね
      ただ講師が『ウワバミ』ではねぇ・・・

 「先生 最初はちゃんとサラさん達が
   横で見ててくださったんですよぉ
    だって後輩達はワインの飲み方を
     なかなか人に聞けないじゃないですかぁ

  わたし達だって飲み始めた頃は
   我流でって言うかぁ
    映画で見たまま格好だけ真似してて
     いま思うとメチャメチャ恥ずかしいですぅ

  いま思い出してみると
   せっかくおいしいワインを
    わざわざまずくしちまってたみたいで
     知ってると知らないではえらく違うんですぅ

  だから後輩の『ナース』達にも
   サラさんやガヴィさん達が選んでくださった
    せっかくのおいしいワインですからぁ
     本来の美味しさを覚えて欲しくってぇ」

  そうなのよね
   例えば映画の中で高級そうなワインを
    気取って飲んでるようなシーンがあるけど
     あれはソムリエの仕草も飲み手も
      それなりの理由があるのよね

  そう言えばあなた達も最初の頃は
   どんなワインが出されてもグルングルン回して
    格好つけて?飲んでたでしょ
     でもワイン通から見ると
      失笑を誘っていたときも多々あったのよ

  もちろんサラさん達だって
   せっかくのおいしいワインを
    アラアラって思ってみえたのよ
     さすがに高級レストランではサラさんから
      あなた達も注意されたときがあったでしょ

  まぁ あなた達は素直だから
   その後ですぐにサラさん達に
    ワインの飲み方を教えて頂いて
     ワインの味が変わったと驚いていたじゃない

  本当は私がいけなかったんだけどね
   あなた達を『パリ』に連れて行く前に
    もう少しマナーを説明しておけばよかったけど
     恥ずかしい思いをさせてしまったわね

 「先生 そんなことちっも思ってませんよぉ
   わたし達は知らないことは恥ずかしくなくって
    知らないままにしておくことが
     恥ずかしいって教えられてますんでぇ
      なんともなかったですぅ」

  まぁ あなた達のそこがいいところね
   だからサラさん達もあなた達に
    しっかりレクチャーしてくださったでしょ

  それにフランス国内を旅行中に
   各ワイン産地ごとにブドウの品種から
    製造方法とその味わい方まで
     詳しく教えてくださったでしょ

  サラさんもガヴィさんも
   ただワインがお好きなだけじゃなくて
    ソムリエが舌を巻くほど
     豊富な知識をお持ちだものね

 「先生 ソムリエって言えばわたし達も
   ビックリしちまったことがあるんですよぉ
    日本のあるレストランでのことなんですけどぉ
     
  たまたまそのときわたし達は
   ワインを頼む前だったんですけど
    近くのテーブルで『ソムリエ?』みたいな人が
     お客さんにワインを持ってきて

  グラスに注ぐ前にたらたらうんちくを並べて
   注いだと思ったらまだうんちくを言いながら
    グラスをグルグル回し始めたんですよぉ
     もぉ わたし達はビックリしちまって
      そのお店でワインを頼むのは
       やめちまいましたぁ」

  それはまたとんでもないお店ね
   『Swirling(スワリング)』って言うんだけど
     お客様に出す前にするなんて
      よほど無知なソムリエか
       よほど自信のないワインを
        出すお店なのかしらね

  まぁ 私達も人のことばかりは言えないけど
   美味しいワインは作り手のことを考えて
    ワインを注ぐ前からワインの特徴にあった
     味わい方をしたいわね

  じゃあ あなた達の後輩『ナース』さん達も
   『パリ』に行って恥をかかないですむわね
     ただ後輩の『ナース』さん達も
      あなた達『ウワバミ』の
       血を引いてないといいんだけどね

 「先生 ゲッ フランスのワインはわたし達みたいに
   大人の味?で美味しいんですものぉ・・・」

  神様ぁ~ フランス産ワインは大人の味がするのよ
   わたし達と同じ魅力にあふれていると言ってね

  お願いねっ    






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

アロマ・アヴェニュー

Author:アロマ・アヴェニュー
アロマセラピストの経験を生かし 強く!明るく!自由に!
生きていけたらなぁ~と、“アロマ・アヴェニュー”の教室の生徒さん達共々願っていますのでよろしくお願いします

最新記事

月別アーカイブ

おすすめリンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。