スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様ぁ~! わたし達はもう期日前投票は済ませたの 大震災あとの被災地復興を願ってると言ってね!!







  猫さん達の可愛い日替わり画像【 ロシアンブルーPART21 】            



  【 3年前の東日本大震災で被災された皆様には
  
       心よりお見舞い申し上げます 】



  私はアロマセラピスト
   『アロマ・アヴェニュー』は私のお部屋の名前です
   今日から読んで頂ける方の為にも
    少しずつお話を進めていきますね

  私のお部屋では生徒さん達と
   アロマ医療のお勉強をしてるんですけど
  認定試験のない時は
   いつも脱線ばかり

  雑談と言っても
   れっきとしたカウンセリングをしてるつもりなの
  アロマ医療ではこのカウンセリングも
   とっても大事なんですよイイワケタラタラ

  今回もアロマについての説明はもう少しお休みして
   本題が途中になってしまってたから
    続きをお話ししますね

  《エピソードNo.14-346》
  【普段は結構おしゃべりでも
   お相手の前では超寡黙】

 「先生 大変ですぅ
   さいきんお家の周りが『ヒッチコック』に
    なっちまってるんですよぉ

  きょねん結婚するまで在所にいたときは
   こんな経験なかったんですけどぉ
    夜が明けると近所のお屋根や電線に
     メチャメチャたくさんいるんですぅ」

  あらあら 今朝はまた妙なところから
   お話しが始まったわね
    そうか あなた達の新居は少し郊外だものね
     そろそろ鳥さん達の食べ物がなくなる頃で
      群れることがあるんでしようね

  それにしてもヒッチコックの『鳥』とは
   古い映画を知ってるのね
    確か1963年くらいのアメリカ映画だったはずで
     動物パニック映画の原点なんですってよ

  そうそう ちょっと余談だけどヒッチコックはね
   最初は主人公に『グレース・ケリー』と
    『ケーリー・グラント』を予定してたけど
      断られてしまったみたいなのよ

  それで『ティッピ・ヘドロン』と
   『ロッド・テイラー』を起用したんだけど
     それからは『ティッピ・ヘドロン』が
      ヒッチコックにたいそう気に入られて
       次のヒッチコック作品にも・・・

 「先生 ちょっと ちょっと ストップですぅ
   また先生の映画魂に火を付けちまいましたぁ
    しまったって思ったら手遅れでぇ・・・

  たしかにスズメたちがチュンチュンじゃなくって
   ギャアァァァ~ッって鳴いてるのは
    スゴイんですけどぉ
     お話ししたかったのは
      選挙のことなんですよぉ

  わたし達は週末選挙に行けないんでぇ
   『期日前投票』をしてるんですけどぉ
     20歳で選挙権ってのは
      日本とあと6~7ヶ国くらいしかないって
       聞いたんですよぉ
        そうでしたっけぇ」

  あぁ『ヒッチコック』じゃなくって
   『選挙権』のお話しがしたかったのね
     そうね 私も詳しくは分からないけど
      日本とお隣の『島』とか
       ほんの数カ国しかないみたいね

  サラさん達の『フランス』とかお友達がいる
   『イギリス』や『アメリカ』では
     18歳だって聞いてて世界のほとんどが
      そうなってきてるんですってよ

  お隣の『南半島』では日本と同じ20歳だったけど
   18歳に引き下げるために
    確か段階的に今は19歳で
     最終的には18歳になるんじゃないかしら

  中でもすごいのが『オーストリア』だったっけ
   もう18歳から16歳に引き下げられてて
    確か『ドイツ』も16歳を検討してたみたいよ
     もし記憶が違ってたらごめんなさいね

 「先生 16歳とか18歳なんちったら
   日本ではまだ高校生じゃないですかぁ
    世界では高校生のうちから
     国政に参加するってスゴイと思いますぅ

  じゃあ 世界では18歳になったら『成人』で
   お酒も飲めちまうんですかぁ
    高校生から『ワイン』が飲めたら
     羨ましいって言うかなんていうかぁ・・・」

  あのね あなた達はたぶん勘違いしてると思うけど
   日本だけじゃなくてどこの国でも
    『成人』と言うくくりで
      すべてが決められてるんじゃないそうよ

  私がさっきお話ししたのは
   あくまでも『選挙権』についてのお話しで
    法律上の『成人』と『選挙権』とは
     必ずしも一致はしてないんだそうよ

  そうそう 1つ説明をしなければいけないけど
   いま法律上の『成人』ってお話ししたけど
    細かく言うと民法上では『成人』ではなく
     『成年』と言う言葉を使うそうよ
       だから『未成年』と言う言葉も
        使われているでしょ

  それとね ちょっとややこしいけど
   日本国憲法の『国民投票法』では
    既に日本国民の18歳以上に投票権を
     持つことが出来るって書かれてるそうよ

  でもね 現在『公職選挙法』は暫定的に
   20歳以上って決められてるんだけど
    これを18歳以上にするには
     『憲法』と『民法』のズレを議論しないと
       いけないんでしょうね

  あと もう1つおもしろいことを思い出したわ
   実はね 天皇系では18歳で『成年』とする
    しきたりがあるんだそうよ
     こうしてみると色々興味深いでしょ

 「先生 日本国憲法も天皇系も18歳だったなんて
   ちっとも知りませなんだぁ
    でぇ つかぬことをお尋ねしますけどぉ
     『18禁』ってのはなんの法律なんですかぁ」

  アハハハハハッ
   やっぱりあなた達はそこで引っ掛かったわね
    そうくると思ってたわ

  あのね 『18禁』ってのは『児童福祉法』とかで
   18歳未満はまだ『児童』の扱いなんですってよ
    だからね『選挙権』を18歳にするってのは
     各方面で議論しないといけないわね

 「先生 ゲッ わたし達もほんのこの間までは
   『児童』だったんですねぇ
     わたし達って『児童福祉法』でぇ・・・

      イッタァ~~~ィッ・・・」

  神様ぁ~ わたし達はもう期日前投票は済ませたの
   大震災あとの被災地復興を願ってると言ってね

  お願いねっ    






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

アロマ・アヴェニュー

Author:アロマ・アヴェニュー
アロマセラピストの経験を生かし 強く!明るく!自由に!
生きていけたらなぁ~と、“アロマ・アヴェニュー”の教室の生徒さん達共々願っていますのでよろしくお願いします

最新記事

月別アーカイブ

おすすめリンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。