スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様ぁ~! 生命の起源を少しだけ教えてくださいね 小さな小惑星にヒミツが隠されてると言ってね!!







  猫さん達の可愛い日替わり画像【 ノルウェージャンフォレストキャット十七フサ目 】            



  【 3年前の東日本大震災で被災された皆様には
  
       心よりお見舞い申し上げます 】



  私はアロマセラピスト
   『アロマ・アヴェニュー』は私のお部屋の名前です
   今日から読んで頂ける方の為にも
    少しずつお話を進めていきますね

  私のお部屋では生徒さん達と
   アロマ医療のお勉強をしてるんですけど
  認定試験のない時は
   いつも脱線ばかり

  雑談と言っても
   れっきとしたカウンセリングをしてるつもりなの
  アロマ医療ではこのカウンセリングも
   とっても大事なんですよイイワケタラタラ

  今回もアロマについての説明はもう少しお休みして
   本題が途中になってしまってたから
    続きをお話ししますね

  《エピソードNo.14-334》
  【普段は結構おしゃべりでも
   お相手の前では超寡黙】

 「先生 大変ですぅ
   きょうの『はやぶさ2』の打ち上げは
    なくなっちゃったみたいですぅ
     きのうお婆ちゃん達と一緒に見ようねって
      お話ししてたんですけどぉ
       あしたになっちまったみたいですぅ

  でぇ あしたに延期されたのはいいんですけどぉ
   打ち上げのタイミングがメチャメチャシビアで
    決められた時間を数秒狂っても
     失敗しちまうそうですよぉ」

  そうらしいわね
   私もそこまでシビアだとは思っていなかったけど
    何年も掛けて長い距離を飛んでいく割には
     出発の時間に制約があるみたいね

  明日も天候不良とか
   決められた時間に打ち上げられなかったら
    次のタイミングはナント
     2020年になってしまうんだそうよ

 「先生 じつはもう1つ困ったことがあってぇ
   きのうお婆ちゃん達に『はやぶさ2』の
    お話しをしたとき

  「どこまで飛んでいくんだい」って聞かれて
    しまったって思ったんですよぉ
     だってわたし達も先生から
      教えていただいてなかったんですぅ」

  あらあら また情けないことを
   と言っても仕方ないけどね
    前回の『はやぶさ』のときはマスコミでも
     『イトカワ』って大きく報道されてたから
       なんとなく覚えていたけどね

  今回は確か162,173番目のC型小惑星で
   直径約700mの『1999 JU3』だったと思うけど
     間違ってたらごめんなさいね
      まだ日本名はついてないそうよ

 「先生 前のは『イトカワ』って名前だったんで
   どこかの糸川?さんが発見したんですかぁ
    でぇ 今度のはだれが発見したんですかぁ」

  いえいえ そうじゃないみたいなのよ
   この手のお話しは旦那様からの受け売りだけど
    2000年少し前から発見された小惑星は
     ほとんどアメリカの『LINEAR』が
      発見したものなんだそうよ

  でね この『LINEAR』って言うのは
   アメリカのリンカーン研究所の
  『LIncoln Near-Earth Asteroid Research』の略で
   リンカーン地球近傍小惑星探査って
    言うそうなのよ

  さっきお話しした『イトカワ』もね
   ここで発見されたものなんだけど
    先の『はやぶさ』を打ち上げるときにね
     『LINEAR』にお願いして
       命名権を譲って頂いたそうなのよ

  でね 『イトカワ』って言うのは
   『ロケット開発の父』と言われている
     『糸川英夫』さんにちなんで
       命名されたんですってよ

 「先生 もう1個お忘れですよぉ
   今回は『C型小惑星』って
    おっしゃったんですけどぉ
     『C型』ってなんのことなんですかぁ」

  あぁ そうだったわね
   すっかり忘れてしまっていたわ
    小惑星の分類は
     大きく分けて3種類あるんだそうよ

  『C型小惑星』は『Carbon(炭素)』質の小惑星
  『S型小惑星』は『Silicon(ケイ素)』質の小惑星
  『M型小惑星』は『Metal(金属)』質の小惑星
    なんだそうよ
     ちなみに『イトカワ』は『S型小惑星』に
      分類されるそうなのよ

 「先生 でもなんで毎回こんなちっこい惑星ばかり
   狙うんですかぁ
    もっと大きな惑星の方が
     軌道も狙いやすいんじゃないですかぁ」

  それにはね明確な理由があるそうなのよ
   1つはね 大きな惑星は
    冷えて固まるのに時間が掛かるから
     表面だけを調べてもよく分からないこと

  もう1つはね 『はやぶさ』のような調査方法を
   『サンプルリターン』って言うそうなのよ
     つまり1度その惑星に着陸して
      『サンプル』を採取したあと

  もう一度飛び上がらないと
   地球に帰ってこられないでしょ
    もし大きな惑星だと重量が重い分
     引力も大きくなってしまうのよ

  簡単に言えば地球よりもお月様の方が
   引力が小さいことは『どちて坊や』達でも
    分かるでしょ
     だからもっと小さければより小さな推力で
      離脱できると言うことなのよ
       でもちょっと難しかったかしら

 「先生 途中の『S』だの『M』だのをのぞけば
   ちっこい惑星を狙う理由はお婆ちゃん達や
    『どちて坊や』達にも分かると思いますぅ

  でも先生 10km先にある700mの岩を探すんだって
   真っ暗闇の中で探すのって大変ですよぉ
    それも何10億kmさきの
     しかもお互いに動いてるヤツを探すなんて
      先生がおっしゃるとおり
       これは宇宙の『ロマン』ですよぉ」

  まぁ 『ロマン』はいいんだけど
   あなた達が『S』だの『M』だのって言うと
    なんだかイヤらしく聞こえるのは
     何故なんでしょうね・・・

 「先生 ゲッ わたし達の
   キラキラお目々を見てくださぁ~い
    清純な心は宇宙の果てに思いを馳せて・・・」

  そうなの なんなら体ごと飛んでってもいいわよ

 「先生 ゲゲッ ご無体なぁ・・・」

  神様ぁ~ 生命の起源を少しだけ教えてくださいね
   小さな小惑星にヒミツが隠されてると言ってね

  お願いねっ    






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

アロマ・アヴェニュー

Author:アロマ・アヴェニュー
アロマセラピストの経験を生かし 強く!明るく!自由に!
生きていけたらなぁ~と、“アロマ・アヴェニュー”の教室の生徒さん達共々願っていますのでよろしくお願いします

最新記事

月別アーカイブ

おすすめリンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。