スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様ぁ~! 東方の三博士はエヴァンゲリオンにも デパートのクリスマスデコにもいると言ってね!!







  猫さん達の可愛い日替わり画像【 スコティッシュフォールドPart18 ホールド一本 】            



  【 3年前の東日本大震災で被災された皆様には
  
       心よりお見舞い申し上げます 】



  私はアロマセラピスト
   『アロマ・アヴェニュー』は私のお部屋の名前です
   今日から読んで頂ける方の為にも
    少しずつお話を進めていきますね

  私のお部屋では生徒さん達と
   アロマ医療のお勉強をしてるんですけど
  認定試験のない時は
   いつも脱線ばかり

  雑談と言っても
   れっきとしたカウンセリングをしてるつもりなの
  アロマ医療ではこのカウンセリングも
   とっても大事なんですよイイワケタラタラ

  今回もアロマについての説明はもう少しお休みして
   本題が途中になってしまってたから
    続きをお話ししますね

  《エピソードNo.14-331》
  【普段は結構おしゃべりでも
   お相手の前では超寡黙】

 「先生 大変ですぅ
   けさ早く サラさんから日本の『和紙』が
    パリの会議で『無形文化遺産』登録されたって
     メールをいただきましたぁ

   それと きのうわたし達がクリスマスツリーを
    片付ける時期のお話しの中で
     『三博士』がどうのこうのって
       お話ししてたじゃないですかぁ

  わたし達は以前先生に教えていただいて
   毎年クリスマス時期になると出てくるんで
    割とスラッと流しちまったんですけどぉ
     『どちて坊や』達とかOBさん達からも
       問い合わせのメールが
        たくさん届いてますぅ」

  それは気が付かなくてごめんなさいね
   毎年お話ししていることだから私もつい・・・
    まぁ 正確にお話しすれば
     『東方の三博士』なんだけどね

  ほかの言い方だと『東方の三賢者』とか
   『東方の三賢人』とおっしゃる方もみえるけど
     要は『新約聖書』に登場する
      イエスさんがお生まれになったときに
       東方から拝みにやって来た
        三人の『博士』と言うか
        『賢者』のことなのよ

  でもね こんなお話ししていいのかしらね
   『マタイによる福音書』の中には
     この『博士』のことが書いてあるらしいけど
      三人とは書いてないみたいなのよ

  ところがね この『博士』がイエスを拝んだときに
   『黄金』と『乳香』と『没薬(もつやく)』を
     プレゼントしたんだそうよ
      それをのちの人達がプレゼントの数から
       三人としたって説があるそうよ

 「先生 『黄金』はともかく『乳香』と『没薬』は
   もろ『アロマテラピー』じゃないですかぁ
    じゃあ神様達は昔から『アロマ』を
     楽しんでみえたんですかぁ」

  まぁ 神様はどうか聞いてみないと分からないけど
   その頃の人々は『お香』として使ったり
    『鎮静剤』や『鎮痛剤』としても
      使ったそうなのよ

  それにね お墓に埋葬するときに
   副葬品として使われてたみたいで
    考古学者が発掘中によく見つけるんだそうよ

  とくに『没薬』は『ミイラ』を作るときとか
   イエスさんの遺体とも一緒に埋葬されたそうよ
    そうそう 香料としては『歯磨き』や
     『ガム』なんかにも使用されてたみたいね

 「先生 『ミイラ』をどうのこうのって
   お話をうかがってからだと
    歯磨きのときにミイラの包帯の香りがしたり
     ガムを噛んでもミイラの味が
      しちまいそうですよぉ」

  あらあら 驚いたわ
   私はまだミイラを噛んだことがないから
    どんなお味がするのか知らないけど
     あなた達はミイラを噛んだことあるのかしら

  まぁ あなた達は『ナース』だから
   包帯のお味は知ってるでしょうけど
    さすがにミイラまでとはね・・・

  今から『東方の三博士』の説明で
   イエスさんに面会した日
    つまりイエスさんが人前に現れた日
     『公現際』のお話しをしようと思ったのよ

 「先生 その『公現際』は覚えてますよぉ
   だって
   『Galette des rois(ガレット・デ・ロワ)』を
     食べる日なんですぅ」

  さすがに食べ物だけはよく覚えてるわね
   『東方の三博士』はフランス語で
     『Rois mages』って言うそうよ
      ギリシャ語では確か
      『μάγοι(マギ)』だったと思うわよ

  あのね 説明が少しややこしくなってしまったけど
   お洒落なデパートなら『クリスマスデコ』の中の
    イエスさんが生まれた『馬小屋』の脇に
     よく見ると『東方の三博士』が立ってるわよ

  『Melchior(メルキオール)』と言う名の青年で
   『黄金』をプレゼントした人と
  『Balthasar(バルタザール)』と言う名の壮年で
   『乳香』をプレゼントした人と
  『Casper(カスパール)』と言う名の老人で
   『没薬』をプレゼントした三人がね

 「先生 またまたきょうも『ドラえもん』が
   登場なんですけどぉ
    よくそんな『東方の三博士』の名前が
     スラスラと出てくるんですねぇ・・・」

  だってあなた達
   これは『新世紀エヴァンゲリオン』に出てくる
    その名も『MAGI(マギ)』と言う名の
     メインコンピュータで
      3つのサブシステムの名前じゃない

 「先生 ゲッ エ エ エヴァンゲリオンですかぁ
   先生のお口からその名前が出てくるだけでも
    ひっくり返っちまいますよぉ
     なんでまたぁ・・・あぁ 驚いたぁ」

  だってね たまたま『マギ』って名前が目について
   そこんとこだけおもしろそうだから
    覚えてたのよ
     そうしたら『東方の三博士』の名前が
      ゾロゾロ登場したからなのよ

   きっと『どちて坊や』達もこれなら分かるでしょ
    でね ヨーロッパでクリスマスプレゼントは
     クリスマス当日ではなくて
      『公現際』にもらうところもあるそうよ

 「先生 ゲゲェッ きょうは奥が深すぎて
   『どちて坊や』達よりわたし達の方が
     ついてけないかも知れないですぅ・・・」

  神様ぁ~ 東方の三博士はエヴァンゲリオンにも
   デパートのクリスマスデコにもいると言ってね

  お願いねっ    






スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

アロマ・アヴェニュー

Author:アロマ・アヴェニュー
アロマセラピストの経験を生かし 強く!明るく!自由に!
生きていけたらなぁ~と、“アロマ・アヴェニュー”の教室の生徒さん達共々願っていますのでよろしくお願いします

最新記事

月別アーカイブ

おすすめリンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。